サンヤー号関連作


死の闇にあっても、生きる輝きを手放さないで
引き裂かれた夢をつなぎとめた、船の物語



サンヤー号のお世話になっていた小学六年生三人組
戦後、サンヤー号の船長となったムガイの思いとは
友情とは何か、故郷はどこにあるかを問いかける


▶Cis.2 専用ページ(イラスト紹介、試し読み)はこちら
▶Cis.2 によせられた感想の数々はこちら
▷A5 230ページ 800円 乗船お待ちしております!



派生:あおいろ(復活)

時代の激流にもまれても夢を追い
泳ぎ続けた少年人魚の成長を描く

▼ 試し読み
< 文庫 120ページ 500円 表紙絵 Mugi
 20年1月に売りきれるも、21年3月に復活!

派生:(終売)サンヤー号によせて
Cis.2のゲスト達が主人公になる、躍動のオムニバス
『あおいろ』もより充実した形で再収録
21年3月に売りきれました、ありがとうございました
 

 
☆『あおいろ』『サンヤー号によせて』
 裏表紙を飾るのは、人魚島を守った聖女の祈り

 海は見ていた。
 大波をかぶり、船形が無くなるその瞬間も。
 マリアナは祈っていた。
 彼らが命をつなげんことを。 
   
文・新島みのる 絵・Mugi





<絵師紹介>
『あおいろ』と『サンヤー号によせて』に掲載する全ての絵を手がけてくださったのが、
Mugi 様です。物語を反映した素敵なイラストの数々、ありがとうございました!
 Mugi 様のTwitterアカウント は  @Mmm_Rimg になります。